保育士養成施設

保育士養成施設について

保育士養成施設は主に大学、短大、専門学校、通信教育があります。
ここでは各施設の目安となる学費やメリット、デメリットを合わせて紹介します。

保育士養成大学

学費の目安

  • 入学金:45万円程度
  • 授業料:年間65万円程度
  • 施設費:年間55万円程度

メリット

  • 卒業と同時に保育士資格が取得できる
  • 幼稚園教諭や小学校教諭の資格も同時に取得できる場合もある
  • 4年間じっくりと保育について学ぶことができる
  • 保育以外の知識を習得するチャンスがある
  • 初任給が高くなる場合がある

デメリット

  • 就職までに4年間という長い期間を必要とする
  • 費用が高い
  • 通学を必要とするので社会人や主婦には時間的に難しい
  • 初任給が高いことで採用に不利になる場合がある

保育士養成短期大学

学費の目安

  • 入学金:25万円程度
  • 授業料:年間70万円程度
  • 施設費:年間40万円程度

メリット

  • 卒業と同時に保育士資格が取得できる
  • 2年間という短期間で資格を取得できる
  • 幼稚園教諭などの資格を同時に取得できる場合がある
  • 4年大学より学費が安い

デメリット

  • 2年間の詰め込み講義なのでスケジュールがきつい
  • 通学を必要とするので社会人や主婦には時間的に難しい

保育士養成専門学校

学費の目安

  • 入学金:25万円程度
  • 授業料:年間40万円程度
  • 維持費:年間10万円程度

メリット

  • 卒業と同時に保育士資格が取得できる
  • 2〜3年間という短期間で資格を取得できる
  • 4年間じっくりと保育について学ぶことができる
  • 幼稚園教諭などの資格を同時に取得できる場合がある
  • 4年大学より学費が安い

デメリット

  • 2〜3年間の詰め込み講義なのでスケジュールがきつい
  • 通学を必要とするので社会人や主婦には時間的に難しい

保育士養成通信教育部

学費の目安

  • 入学金:3万円程度
  • 授業料:年間10万円程度
  • 教育充実費:年間2万円程度

メリット

  • 約3年間で卒業と同時に保育士資格が取得できる
  • 通信教育なので自分のペースで勉強ができる
  • 通学制のものよりも費用が安い
  • 幼稚園教諭などの資格を同時に取得できる場合がある

デメリット

  • 計画を持って勉強しないと卒業できなかったり遅れたりする場合がある

保育士試験対策通信教育

学費の目安

  • 費用:5万円程度

メリット

  • 試験合格までの最短プランがある
  • 通信教育なので自分のペースで勉強ができる
  • 通信教育部よりも費用が安い
  • 教育訓練給付制度を利用できる

デメリット

  • 既に保育士試験受験資格を満たしている必要がある
  • 資格の取得率が高くない

 

どの施設にもメリット、デメリットがあるので、
自分の将来設計にあった施設を選びましょう。

 

大学や短大など、入学することが一つの難題になる場合もあります。
また、保育士試験対策通信教育に関しては、既に保育士試験受験資格を満たしていることが前提条件になりますので、過去に保育士の専門学校を出ていて時間が経っているが再度保育士を目指すという人などが利用するものです。

厚生労働大臣指定 保育士養成施設一覧 (PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku_youseikou.pdf