保育士 仕事内容

保育士の具体的な仕事内容

保育士の仕事は複雑で様々なことをしなければなりません。
具体的な仕事内容は

  • 子供に食べる、眠る、着替えるなどの基本的生活習慣を身につけさせる
  • 子供の身の回りのお世話をする
  • 子供に集団生活を通して社会性を身につけさせる
  • 子供と遊ぶことで心身の健やかな成長を手助けする
  • 保護者に対して、教育などの手助け、アドバイスをする
  • 地域と深くかかわり貢献する
  • 教材などを考える
  • 行事を計画、実行する
  • 施設内の安全点検をする
  • 子供の自立心、社会性、感性を育てる

などです。

 

また、これらの仕事をスムーズに行うために

  • 子供の健康に気を配り小さな変化も見逃さない
  • 施設内を清潔、安全に暮らせる状態にたもつ
  • 子供との信頼関係をきずく
  • 保護者との信頼関係をきずく

といったことも大切になってきます。

 

保育士には子供を健康、安全に預かるということの他にも子供の成長を手助けするような役割が求められています。

 

保護者に1日の出来事や健康状態を伝える他に、子供が自立して一人で日常生活を送れるような常識と知識を与えてあげることが必要です。また、子供の行動や感情に注目し感性や才能を伸ばしてあげることも大切だと言えます。

 

保育士は保育所などの降園時間の後も様々な仕事をしなければいけないので、帰宅できるのが定時以降になったり、仕事を持ち帰らなければいけない場合があったりと、時間的にもハードな仕事だと言えます。