保育士の仕事

保育士の仕事 〜 一日の流れ (朝)

保育士の勤務体系はみな同じではありません。
早番、遅番のほかに途中から抜ける人、入る人がいて、それぞれがもつ仕事をします。
ある日の保育園の一日を追ってみましょう。

 

〜7時半 早番出勤 : 保育にかかわるすべての準備を行います。
〜8時半 早番園児登園 : 園児を預かり、親からの伝言を確認します。
〜8時半 通常出勤 : 朝礼、申し送り
〜9時半 園児出勤 : 園児を預かり、自由遊び、親との会話
〜10時半 遅番出勤 : それぞれのクラスでの活動になります。

 

ここまでが朝の保育園の風景となります。

 

早番の出勤で、一日が始まり、園児が登園する時には、複数の保育士が待機していないとパニックになります。

 

通常出勤と園児がすべて登園するときには、玄関では園児を預かる、園内は園児たちが走り回る風景となり、保育園が一番活気づいてくる時間となっていきます。

 

保育士は、ここでは子供がけがをしないように監視するほか、トイレの手伝い、かばんなどの整理、親との連絡帳の確認などを行います。

 

また、開園間もない時ですと、まだ保育園に慣れていない園児たちの面倒を見ることもありますから、朝のこの時間は本当に大変なのです。

 

遅番が出勤する10時半ころから、それぞれの月齢に分かれたクラスに入り活動を始めます。

 

それぞれのクラス担任と人数が多いクラスの場合は複数の保育士が与えられた仕事に入るわけですが、年齢(0歳から6歳くらい)によってその活動内容や活動範囲、保育士の仕事内容は大きく変わってきます。

保育士の仕事 〜 一日の流れ (昼〜夕方)

〜11時半 遊びの時間 : それぞれのクラスの活動
〜12時半 給食 : 用意から片付けまで
〜14時半 お昼寝 : 園児は睡眠、保育士は事務処理
〜15時 目覚め : 片づけ、トイレ、着替え
〜15時半 おやつ : おやつの用意から片付けまで

 

ここまでが保育士が一番めまぐるしく動く時です。

 

遊びの時間については、年長ですと、散歩や絵を書いたり、粘土で制作をしたりと自分で何でもできる年ごろですから、担任としても監督が大事な仕事です。人とのふれあいができる年ごろですから、いろいろな人付き合いをしていく様子を観察します。

 

年中というと、3、4歳くらいですが、何をするのにも助けてあげなくてはならない子、何でも自分でやりたがる子など、その子によってずいぶん差が出る時期です。

 

どの子にはどのくらいのことをさせるか、どのように成長をしているかということを観察し、自立できるような助けや言葉をかけてあげます。

 

年少以下(0、1、2歳)のクラスは、ほとんど一対一で対応するところも多く、何かを一緒に行うということは難しい年ごろです。

 

このクラスは午前中におやつを食べる時間を設けているところが多く、それにより眠たくなる子がいたり、ご機嫌斜めでぐずる子がいたりと、保育士は子供に振り回される時です。

 

しかし、担任は、こうした時でも日々の変化に目を光らせ、今日できたことや小さな成長を見逃さないことです。

 

遊びから午後のおやつまでの時間は、一番活動的で、子供たちにとっても楽しいひとときになります。

 

そして、お昼寝をしている間に保育士は親への連絡帳を記入したり、自分の仕事を片づけたりと、忙しい時でもあります。でも、すやすやと眠る園児たちの寝顔は癒しそのものです。

保育士の仕事 〜 一日の流れ (夕方〜夜)

〜16時 園児降園 : あいさつ、親との会話
〜16時半 早番退勤 : 事務処理、明日の準備
〜17時半 通常退勤 : 事務処理、終礼、明日の準備
〜19時 延長保育 : 少人数による保育時間

 

おやつが終われば、園児たちは親の迎えを待つばかりということになります。

 

この時間になると、昼寝を終えた園児たちは比較的元気ですが、保育士たちの方が疲れてくる時間でもあります。 年長や年中の園児たちは帰りのしたくはある程度自分で行うことができますから、出来ることは自分でやって親を待ちます。

 

早番は申し送りをして退勤になりますから、帰りの準備をして時間通りに帰りたいところですが、これがなかなか定時で帰れるというわけにはいかないことが多いようです。

 

このことは、通常退勤や遅番退勤にも言えることですが、

  • 今日に限って園児が甘えてくる
  • 事務処理が残っていた
  • 途中で具合が悪くなった園児が出て、個別で親を待つ

といった具合に、毎日いろいろなことが起こるのが保育園です。

 

順調に親が迎えに来て、だんだんと園児の数が減っていき、17時半から18時をめどに、通常退勤になり、延長保育が始まります。

 

たいてい数人の園児を1〜2人の保育士でみるケースが多く、あまり遅くなる場合には、おやつなどが配られます。

 

保育園によっては、必ず19時までしか保育しないというところもありますが、どうしても長く見てもらいたいという親のニーズがある場合、それよりも遅くなることもあります。

 

そんな時、保育士の帰りはますます遅くなってしまいます。