保育士 メリット

保育士として職場で働くメリットは?

保育士として職場で働く場合のメリットについて考えてみましょう。

 

子供が好きな人にとってはいい環境である

基本的に子供が好きという方にとっては、保育士は天職に近いものがあります。

 

毎日“お世話”をすることで、子供と接することができますし、もともとかわいいと感じられるのですから、子供からも「先生?」と慕われます。

子供の成長を見ることができる

毎日子供は成長していきます。
昨日できなかったことが今日できたということもあり、驚きと感激の毎日です。

子供の親に感謝される

なんといっても、子供を預けている親にとっては、保育士はとても感謝していることです。

 

「今日、こんなことができましたよ」という報告にも、感激をしてくれるという場面が非常に多いです。
そんな親の喜びを分かち合えるのは保育士としてもうれしいことです。

保育園以外でも働き口がある

保育士の資格を持っていると、ベビーシッターや託児所といったところの就職ができます。

 

実は、このような施設の方が保育園で働くよりも給料が良いという事情もあることから、保育士としてあちこちで活躍している方も大勢います。

自分の子供ができた場合の勉強になる

独身者やまだ子供のいない方にとっては、子供や赤ちゃんの面倒を毎日見るわけですから、自分が母親となったときの予行練習としては、最適な場所と言えます。

 

こうしたことから、保育士として長いこと現場にいて、現役でがんばっているという方々もたくさんいらっしゃいます。

 

>> 保育士のデメリット