保育士 求人

保育士の求人・就職のコツ

現在では、保育士の求人・就職情報は色々な所から入手可能です。

 

私が学生だった時代は就職難で学校で保育士の就職情報が少なくて大変でした。
ほとんどの学生は学校の先生からの紹介であったり、先輩の保育士さんが働いてる保育園だったりとかなり狭き門でした。

 

資格はあるけど就職出来ずに卒業する方が多かったですね。
でも今は学校の就職情報も沢山あったり、ネットでの保育士専門のサイトからの情報だったり、あとハローワークからも情報が入手し易くなってますね。そもそも、保育士不足だと言われていますから、条件を選ばなければ就職は難しくないはずです(地域差あり)

 

ちなみに私は学校の先生の紹介で保育園に就職しました。紹介してもらうまでが大変で自力で電話作戦しました。

 

この電話作戦は直接保育園へ自分で電話をかけて、就職試験を受けさせて頂くんです。
私の場合7軒中3軒は面接までこぎつけました。結局、お給料の面など色々考えて紹介してもらった保育園に行きましたけど。

 

この電話作戦の注意点は保育園の保育士募集は早いところで9月、10月、11月ぐらいなんです。早すぎても遅すぎても駄目なんですね。9月、10月、11月で電話をかけると案外スムーズに面接までいける事が多いですよ。電話作戦は直接園長先生と話せる機会が多いから確立的にいいと思います。

 

私の知人もそうでしたが、保育園での実習先で就職する方もいますね。
2週間の実習でぜひ来てくださいってスカウトされた先生は何人もいました。
実習先でさりげなく就職の情報収集をしておくといいかも。

 

現在では「保育士 求人」と検索すると、沢山の保育士求人サイトを見ることができます。
全国的な保育士の求人から特定地域の求人まで様々な情報があります。地域的に少ない所もありますが、定期的に更新しているので、まめにチェックした方がいいと思います。

 

また、ネットの保育士求人サイトに登録する場合は、実際に自分で電話して色々聞いてください。
高額な給料であっても、実際就職したら安かったと言う事もしばしば。必ず事前に情報を集めたほうがよいです。ここで適当に妥協して、就職してから後悔という方が意外と多いので。

 

私の経験ですが、空いてる時間に働きませんかって書いてあったのに実際電話したら勤務時間は決まっていて、短時間では困りますと言われた事がありました。私は子供が幼稚園に通ってるため3時までの仕事を探してしたんですが。ちゃんと調べないといけないですね。いい事しか書いてないから。

 

あと、公立の保育園では各市町村で定期的に臨時職員などの募集をしています。
公立保育園は地方自治体(市区町村)が運営しており、民間が運営している私立保育園とは違い登録をしないといけないんですが、その辺の詳細は、各市町村のホームページをチェックするといい情報があると思います。