保育所

保育所について

保育所には大きく分けると

  • 認可保育所
  • 無認可保育所

の2つに分けられます。

 

認可保育所は、施設の広さや保育士の数、給食設備、防災管理、衛生管理などの国や自治体が定めた基準をクリアし、都道府県知事に認められた施設のことを言います。

 

認可保育所は国や自治体からのお金の補助が大きいので保護者が支払わなければならない保育料が割安となり人気があります。

 

中でも公立保育所は競争率が高く「保護者が、仕事や病気等で日常家庭において乳幼児の世話ができず、他の同居の家族も児童を保育することができない」などの保育をすることが難しいという確かな理由がなければ入園が難しい場合もあります。

 

公立保育所で働く保育士は公務員となります。
また、私立保育所は保育の内容に個性があり、公立保育所よりも様々な点で融通がききやすいというメリットもあります。

 

無認可保育所は施設の広さなどの理由で国に認められていない保育施設のことを言います。

 

個人や民間業者が運営していることが多いので、認可保育所よりも保育料が高い場合がほとんどです。

 

しかし、認可保育所が入園に確かな理由が必要で入園できず困っている保護者も多い中、無認可保育所には入園できることがほとんどなので重要な役割をになっています。

 

認可保育所よりも時間などの面で融通がきくのも大きなメリットの一つでしょう。企業内保育園や駅型保育園、ベビーホテルなども無認可保育施設であることが多いようです。